全米ヨガアライアンスとは?

ホーム > 全米ヨガアライアンスとは?

全米ヨガアライアンスとはヨガティーチャーの資格を認定する協会

全米ヨガアライアンスとは、米国を拠点としたヨガティーチャーの資格を認定する非営利の会員協会であり、協会の本社はバージニア州アーリントンに位置する。

現代、ヨガのティーチャー資格について、各スクールやスタイルにおける認定等はあるものの、全世界で共通したヨガティーチャーの資格というものがないため、全米ヨガアライアンス協会は、レベルごとにトレーニング基準を設けることにより、最低限のティーチャーレベルの指標を定めている。

頭文字を略して「RYT」とも呼ばれる

全米ヨガアライアンスの認定資格は、Registered Yoga Teacher(登録ヨガティーチャー)の頭文字を取り「RYT」とも呼ばれる。頭文字の横に数字が付き、完了したプログラムの時間数認定のレベルに応じて「RYT200(200時間)」「RYT500(500時間)」と表される。

E-RYTは、Experienced Registered Yoga Teachers(経験登録ヨガティーチャー)の頭文字を取ったもので、広範な指導経験を持つヨガティーチャーを識別するために与えられる認定である。

認定の種類は 、200時間、300時間、及び500時間レベルがあり、これを満たしたヨガティーチャーには、以下の称号が与えられる。

  • RYT 200
  • RYT 500
  • E-RYT 200
  • E-RYT 200, RYT 500
  • E-RYT 500

さらに、以下2種の特殊認定も用意されている。

  • 登録キッズヨガティーチャー Registered Children’s Yoga Teacher (RCYT)
  • 登録妊婦ヨガティーチャー Registered Prenatal Yoga Teacher (RPYT)

ヨガアライアンスは国内のみならず海外で取得することも可能。帰国してからの申請手続きもOK。

全米ヨガアライアンスの内容の規定

各トレーニングの時間数は、以下の5分野において規定されている。

  1. テクニック、トレーニング&プラクティス
  2. ティーチング方法論
  3. 解剖学
  4. ヨガ哲学、ライフスタイル&道徳
  5. 演習

登録ヨガティーチャーは全米ヨガアライアンスのサイトで検索可能

全米ヨガアライアンスのオンラインディレクトリには、上記の最低基準のトレーニング及び経験を満たしたヨガティーチャーが登録ヨガティーチャー(RYT – Registered Yoga Teacher)として掲載される。またこれと同時に、最低基準を満たすカリキュラムを持ったトレーニングスクールも登録ヨガスクール(RYS – Registered Yoga School)として掲載される。更新は一年単位。RYTとRYSは、協会の示す最低基準を満たし続けなければ、更新はできない。

ヨガアライアンスレジストリには、世界130以上の国や領土より、現在活動中の53,000人以上のヨガティーチャー、及びに3,200校以上のヨガスクールが登録されている。ヨガアライアンスの登録者の約70%は米国及びその領土を拠点としている。後に米国外で、同じくヨガ・アライアンスと名乗る他の認定協会が存在するようだが、全米ヨガアライアンスとは提携関係にはない。

全米ヨガアライアンスは取得してからがティーチャーとしての始まり

RYTの資格を取得することにより、ヨガティーチャーとして基本レベルのトレーニングを受けたことの証明となると考えられますが、RYTを持っているからといって良いティーチャーとは限りません。逆に、RYTを持っていないティーチャーでも良いティーチャーは数多く存在します。

RYTのトレーニングはティーチャーとしての基礎となるもので、卒業後に各自がその上に経験や更なる勉強を積み上げることで、良いティーチャーになれるものと考えます。
ティーチングの基礎となるティーチャートレーニング選びが大切です。

YACEPとは

YACEPとは‟Yoga Allaiance Continuing Education Provider” の略で、「継続教育プロバイダー」という意味です。つまり全米ヨガアライアンスの認定指導者資格を持つインストラクター(RYT)のための継続教育を、講座やワークショップ、コースなどで提供するエキスパートのことです。

 

RYT指導者が更に学びを深める、疑問を解決するためのクラスを提供する人のことです。

 

ヨガアライアンスによると、

RYTを取得している人は世界中に多くいるが、ほとんどのメンバーがパートタイムでヨガを教えている。RYTメンバーからは、「ヨガを指導するスキルを磨くための認定継続教育者がほしい」といった問い合わせを何年も受けてきた。それに応えるため、新たにYACEPという資格を制定することにした

ということ。

ヨガアライアンスから認定を受けているRYTメンバーは、毎年更新があるし(※登録している場合)、3年ごとに定められた継続教育時間をクリアする必要があります。

YACEPはRYTメンバー向けにレッスンやワークショップやコースを提供する人。

RYTの資格を持つ人は、YACEPのクラスを受講すると、ヨガアライアンスの規定時間に計上することができるということです。

スクール選びのポイント

全米ヨガアライアンス協会にて、各分野の最低トレーニング時間数は定められているものの、その時間数をどの期間内に、どれくらいの人数規模で修了しなければいけないという規定は今のところないようです。また、各分野の最低時間数を満たすと、残りの時間数はスクールごとに重点を置く分野で満たされる傾向にあります。上記の理由から、同じヨガアライアンスで認定されるティーチャートレーニングコースでも、スクールごとに開催期間、人数制、内容、スタイル等は大きく異なります。

よって、スクール選びのポイントとしては、「自分が大切にしたいことは何なのか?」を見定め、そこに対して答えてくれそうなスクールを選ぶということになります。それは、「就職保証」「確かな自信」「通いやすさ」「(独立営業の)ビジネスノウハウ」など、人それぞれ異なりますが、何を求めているかを明確にしてからスクール探しをされることをオススメします。いいスクール(講座)が見つかりますように!