トツキトオカ

昔産後ママヨガを教えに行った横浜の乳児院で、
横浜市が出している冊子だったろうか、
『トツキトオカ』というタイトルの、
ママやパパから、生まれてくる子供や生まれてきて子供たちに向けた、
詩集を手にし、持って帰ってきた。

産前産後のママヨガセラピスト養成講座にて、
それを紹介してみてもらう事もあるのだが、
とても胸を打つ想いがたくさん書かれている。

思い返せばわたしも、
娘が生まれた際、
”世の中はこんなにも感動のドラマで溢れているものだったのか”と感嘆し、
胸に抱く娘の命にただずっと泣いていたものだった。

あれから10年弱経てど、
その想いは変わらぬものがある。
いつもの日常の中で、
大きく育った2つのかたまりを目に映し、
ふと、その存在に打たれることがあるのだ。

トツキトオカ、待ったからかな、今朝何となくそう思った。
初めての時、第2子の時、どちらも、仕事をしながらの妊娠生活だった。
それでも、少しでも、お腹の子どもの為に、
静かにゆったり過ごす時間を作り出そうと、いつも模索していたのだった。

生みだすにはいつもただ待つことを、受容するのかもしれない。

今日のふとした思いにピッタリの言葉を思い出したので、
下記にその、スザンナ・タマーロの本にある言葉を記しておきます。

「・・・それからおまえの前に道がいくつもひらけて、
どれを行っていいかわからないときには、
気まぐれにどれかをえらばずに、
そこに座って待ってごらん。
おまえがこの世に生まれ出てきたときと同じように、たくましく深い息をして、
どんなことにも気をそらされずに、ただ待ちつづけてごらん。
黙ってじっとすわったまま、心の声を聞いてごらん。
そして声が聞こえたら、立ち上がって、おまえの心の赴くままに行くがいい。」

母も、生も、やはりヨガですね。