• 体験会 どなた様も お気軽にお越しください
  • メールでのお問合せ
コンテンツ

全体観

宮原暁子 Akiko Miyahara

代表理事
全講座/養成講座開発者
*ジョイントアナトミー講座、ヨーガニドラ講座以外。和食講座は監修
@べーすきゃんぷ・いち:横須賀本部

子供の頃より哲学的な問いに興味を示し、仏教、またヨガともその頃出逢う。 社会に出て人の心の”モチベーション”に焦点を当てた人事コンサルティング業につき、第一子出産後、産休中、大学院心理学課程のカリキュラムを1年間修学するも、自分自身を最も支え、心を豊かにし気力を満たすものはヨガであると改めて再認識し、ヨガを生業とすることに。恵比寿Prana Power Studioや、代官山yogajayaにてヨガを教え出し、また、jayachikisa、アーユルヴェーダコンサルティングも担当することに。

後、恵比寿駅前Expanse..のyoga事業部立ち上げ・部長就任。ヨガセラピストを輩出する養成講座もスタート。Expanse..yoga事業部拡大につき分室。業界最大手Yoga Works主催ヨガインストラクター養成講座スクール合同説明会にて、”最も受けてみたいと思った養成講座スクール”1位に。
Expanse..を運営する(株)R&M取締役就任。第二子出産後拠点を横須賀に移動。

一般社団法人ヨガセラピスト協会設立。協会卒業生の活躍ぶり、多くが、地域地域にて、卒業後人気ヨガインストラクター、信頼されるヨガセラピストとして支持され、お陰様で日本各地よりヨガセラピストを目指す受講者が後を絶たない。

同じく横須賀にてヨガとアーユルヴェーダのプライベートサロンyogachachaも始動。女性ヨガウェア監修も。

他にも定期不定期の各場所や団体からの依頼を受け、コラボ活動、講演活動、講師活動を行っている。
地元の市や町をとても愛し、地域にて、完全無料、人々の寄付のみにて成り立っている、子ども食堂、子どもたちの常設の居場所、よこすかなかながや設立、理事就任など、地域活動にも精力的に取り組んでいる。現在インド、チェンナイにある近代ヨガの父、クリシュナマチャリアのヨガセンター、Krishnamacharya Healing and Yoga Foundationでサンスクリット語、古典文献を通し、古典的且つ本格的なヨガを修学中。

また、同KHYFのティーチャートレーニングでは、クラスの中で最も成績が良く、また2年という歳月の付き合いの中でスピリチュアリティを高く評価されるスターアウォード賞を授かる。
のみならず、アーチャリア(伝統に則った偉大な師):クリシュナマチャリアのお孫さんであるアーチャーリア:カスターブと「家族のよう」な親交を深め、”Goentra”という新プロジェクトを立ち上げ世の中に未だ広まりきっていない、ヨガの神聖な力を伝える活動を始めている。

その頃、インド州ケララのRajahAyurvedaHospitalとも親交が始まり、日々連携を深めている。
今でも毎日ヨガ、アーユルヴェーダの限りない叡智に相変わらずいつまでも驚愕する日々を送っている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
学びの変遷
▶︎アシュタンガヨガに傾倒、シュリKパタビジョイスと、アイアンガーさんの著書を読み独学。変わっていく体とエネルギー。でもそれだけではない感覚にゾクゾク。でも独学はやはり危ない。しっかり怪我を経験、。


▶︎人生のステージが代わり、より充足感を感じるものが変化。スピリチュアリティ、という観点で最初に刺激を受けたインドの賢者は、スワミ・ヴィヴェーカナンダ。ヴィヴェーカナンダ協会に足を運んだり、本を読み込みまたプラクティスを重ねる。


▶︎ほぼ同じ頃、傾倒したのは、あのスティーブ・ジョブスも衝撃を受けたパラマハンサ・ヨガナンダと、その師スワミ・スリ・ユクテスワ。その機関Self Realization Fellowshipの会員にもなり学ぶ。


▶︎インド政府公認ヨガセラピスト養成校、ニケタンに通い学ぶ。そこで知った、Dr.H.R.ナゲンドラと、スワミ・ヨーゲシヴァラナンダの著書を研究、研鑽。


▶︎その後傾倒したのはサッチャナンダ。文献を学びつつプラクティスを重ねる。


▶︎当初傾倒した、パタビジョイス師とアイアンガー師のまさに先生であるクリシュナマチャリア先生直系カスターブ先生と出逢い、根本経典スートラの意味を、ここにきてようやく頭でなく全身で理解。


▶︎故ラマナ・マハルシアシュラムでひたすら瞑想中、自分の道に対する大きなインスプレーションに恵まれる。

『ヨーガスートラ・クラシカルヨガ』には、たくさんの紆余曲折からの昇華が詰まっています。ご興味ある方はオンラインマンツーマン、オンライングループセッション、どちらも展開中なので是非どうぞ。

インタビュー記事はこちら
Read more

二ノ宮な奈 Nana Ninomiya

常務理事
@べーすきゃんぷ・いち:横須賀本部

自然豊かな神奈川・三浦半島と風土がよく似ている愛知・知多半島の海辺で育ち、信心深い両親、人と人のつながりを大切にする地域の人々の中で社会性を学ぶ。オーストラリア留学時より長い間携わったホスピタリティの世界で、“人”について考える機会を多く与えられる。

自身のライフステージのうつり変わりとともに、様々な業種の仕事を経験し、さらに、人間の心理、に興味を持つ。“人”に対する興味は年齢を問わず、自身の子育てに難しさを感じ始めた頃、子どもへの理解を深めたいと保育士の勉強を開始、NLPも学ぶ。

仕事・家事・育児において、その全てを大切にしたいと想う気持ちと、うまくできない現実に悩んでいた時期に、協会の創始者、宮原暁子のヨガに出逢い、“気づく”、“意識を向ける”、“呼吸する” ことで心も体もふんわり軽くなるヨガに衝撃を受け、自分にはヨガが必要だと悟り、ヨガセラピストの道へ。

ヨガを始めてから、同じ想いを抱く方々と縁がつながるようになり、宮原とともに子ども食堂や放課後の子どもたちの居場所づくりにも携わり、親御さんに優しく、そして、子どもたちの可能性を広げる活動に意欲的に取り組む。

ヨガのみならず、古代インドから受け継がれるアーユルヴェーダの叡智を暮らしに取り入れ研鑽を積む。笑顔の絶えない世の中を願い日々修行中。

2019年より、三浦郡葉山町の「葉山ハーモニーガーデン」(のちに「星とおひさま葉山 里山の学校」)にて、自身の長男の不登校経験を踏まえ、不登校のお子様やそのご家族に寄り添うヨガの時間を開始。2020年から定期開催。お一人おひとりの心身のご様子に合わせた少人数制のヨガセラピーが好評。

Read more

保科恵 Megumi Hoshina

執行理事
リストラティブヨガ講座共同開発者
@べーすきゃんぷ・に:静岡東部局

高校時代は陸上に打ち込み、実業団チームに就職。
その後、厳しい練習がたたり陸上を続けられなくなり転職。

仕事に没頭するも、姉の出産を機に、女性の心と身体がとても繊細であることを感じ、ピラティスと共に当協会でヨガセラピーを学び始める。

ヨガセラピーに触れるにつれ、親への想いが変容。幼いころから感じていた寂しさが、本当はとても大きな愛だったことに気づき、両親への深い感謝が生まれ、自分自身を大切に感じはじめる。自身の枠を取り払っていくヨガ、触れられなかった想いに触れられる様になるヨガセラピーこそ自身の道と確信し、2013年より両親の想い、両親への想いを込め、自身の名前、「Megumi Yoga」を始動。

おひとりお一人に寄り添うことを大切にした少人数制レッスン、丁寧なカウンセリング、ヨガセラピーが好評。これまでお寺や神社でのヨガ、ホテル、接骨院など、各地でも活躍。

2018年春より、沼津市内のスタジオでもレッスンを開講。
産前産後クラスも口コミで広まり、レッスンにつれて来られた乳幼児も、幼馴染の様に仲良くなって成長していく姿を愛おしんでいる。

静岡東部にて、ヨガセラピスト養成講座をはじめ、陰ヨガ、リストラティブヨガ(共同開発)、マタニティヨガ、ヨギー・ヨギーニのための四季の和食こしらえ人講座を担当。

「料理の加減もヨガセラピーと同じ」マットの上だけがヨガの時間ではなく、日々の過ごし方が全てヨガであるように、ヨガを伝えている。

インタビュー記事はこちら
Read more