• 体験会 どなた様も お気軽にお越しください
  • メールでのお問合せ

講師紹介

全体観

宮原暁子 Akiko Miyahara

代表理事
全講座/養成講座開発者*JA /BM以外。和食講座は監修
@べーすきゃんぷ・いち:横須賀本部

子供の頃より哲学的な問いに興味を示し、仏教、またヨガともその頃出逢う。 社会に出て人の心の”モチベーション”に焦点を当てた人事コンサルティング業につき、第一子出産後、産休中、大学院心理学課程のカリキュラムを1年間修学するも、自分自身を最も支え、心を豊かにし気力を満たすものはヨガであると改めて再認識し、ヨガを生業とすることに。恵比寿Prana Power Studioや、代官山yogajayaにてヨガを教え出し、また、jayachikisa、アーユルヴェーダコンサルティングも担当することに。

後、恵比寿駅前Expanse..のyoga事業部立ち上げ・部長就任。ヨガセラピストを輩出する養成講座もスタート。Expanse..yoga事業部拡大につき分室。業界最大手Yoga Works主催ヨガインストラクター養成講座スクール合同説明会にて、”最も受けてみたいと思った養成講座スクール”1位に。
Expanse..を運営する(株)R&M取締役就任。第二子出産後拠点を横須賀に移動。

一般社団法人ヨガセラピスト協会設立。協会卒業生の活躍ぶり、多くが、地域地域にて、卒業後人気ヨガインストラクター、信頼されるヨガセラピストとして支持され、お陰様で日本各地よりヨガセラピストを目指す受講者が後を絶たない。

同じく横須賀にてヨガとアーユルヴェーダのプライベートサロンyogachachaも始動。女性ヨガウェア監修も。

他にも定期不定期の各場所や団体からの依頼を受け、コラボ活動、講演活動、講師活動を行っている。
地元の市や町をとても愛し、地域にて、完全無料、人々の寄付のみにて成り立っている、子ども食堂、子どもたちの常設の居場所、よこすかなかながや設立、理事就任など、地域活動にも精力的に取り組んでいる。現在インド、チェンナイにある近代ヨガの父、クリシュナマチャリアのヨガセンター、Krishnamacharya Healing and Yoga Foundationでサンスクリット語、古典文献を通し、古典的且つ本格的なヨガを修学中。

また、同KHYFのティーチャートレーニングでは、クラスの中で最も成績が良く、また2年という歳月の付き合いの中でスピリチュアリティを高く評価されるスターアウォード賞を授かる。
のみならず、アーチャリア(伝統に則った偉大な師):クリシュナマチャリアのお孫さんであるアーチャーリア:カスターブと「家族のよう」な親交を深め、”Goentra”という新プロジェクトを立ち上げ世の中に未だ広まりきっていない、ヨガの神聖な力を伝える活動を始めている。

その頃、インド州ケララのRajahAyurvedaHospitalとも親交が始まり、日々連携を深めている。
今でも毎日ヨガ、アーユルヴェーダの限りない叡智に相変わらずいつまでも驚愕する日々を送っている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
学びの変遷
▶︎アシュタンガヨガに傾倒、シュリKパタビジョイスと、アイアンガーさんの著書を読み独学。変わっていく体とエネルギー。でもそれだけではない感覚にゾクゾク。でも独学はやはり危ない。しっかり怪我を経験、。


▶︎人生のステージが代わり、より充足感を感じるものが変化。スピリチュアリティ、という観点で最初に刺激を受けたインドの賢者は、スワミ・ヴィヴェーカナンダ。ヴィヴェーカナンダ協会に足を運んだり、本を読み込みまたプラクティスを重ねる。


▶︎ほぼ同じ頃、傾倒したのは、あのスティーブ・ジョブスも衝撃を受けたパラマハンサ・ヨガナンダと、その師スワミ・スリ・ユクテスワ。その機関Self Realization Fellowshipの会員にもなり学ぶ。


▶︎インド政府公認ヨガセラピスト養成校、ニケタンに通い学ぶ。そこで知った、Dr.H.R.ナゲンドラと、スワミ・ヨーゲシヴァラナンダの著書を研究、研鑽。


▶︎その後傾倒したのはサッチャナンダ。文献を学びつつプラクティスを重ねる。


▶︎当初傾倒した、パタビジョイス師とアイアンガー師のまさに先生であるクリシュナマチャリア先生直系カスターブ先生と出逢い、根本経典スートラの意味を、ここにきてようやく頭でなく全身で理解。


▶︎故ラマナ・マハルシアシュラムでひたすら瞑想中、自分の道に対する大きなインスプレーションに恵まれる。

『ヨーガスートラ・クラシカルヨガ』には、たくさんの紆余曲折からの昇華が詰まっています。ご興味ある方はオンラインマンツーマン、オンライングループセッション、どちらも展開中なので是非どうぞ。

インタビュー記事はこちら
Read more

二ノ宮な奈 Nana Ninomiya

常務理事
@べーすきゃんぷ・いち:横須賀本部

自然豊かな神奈川・三浦半島と風土がよく似ている愛知・知多半島の海辺で育ち、信心深い両親、人と人のつながりを大切にする地域の人々の中で社会性を学ぶ。オーストラリア留学を経て長い間携わったホスピタリティ業界の職では、“人”について考える機会を多く与えられる。

自身のライフステージの変化を通じて、その後も様々な業種の仕事を経験し、さらに、人間の心理、に興味を持つ。“人”に対する興味は年齢を問わず、自身の子育てに難しさを感じ始めた頃、子どもへの理解を深めたいと保育士の勉強を開始、NLPも学ぶ。

仕事・家事・育児において、その全てを大切にしたいと想う気持ちと、うまくできない現実に悩んでいた時期に、協会の創始者、宮原暁子のヨガに出逢い、“気づく”、“意識を向ける”、“呼吸する” ことで心も体もふんわり軽くなるヨガに感銘を受け、ヨガセラピストの道へ。

ヨガを始めてから、同じ想いを抱く方々と縁がつながるようになり、宮原とともに子ども食堂や放課後の子どもたちの居場所づくりにも携わり、親御さんに優しく、そして、子どもたちの可能性を広げる活動に意欲的に取り組む。

ヨガのみならず、古代インドから受け継がれるアーユルヴェーダの叡智を暮らしに取り入れ研鑽を積む。笑顔の絶えない世の中を願い日々修行中。

Read more

保科恵 Megumi Hoshina

執行理事
リストラティブヨガ講座共同開発者
@べーすきゃんぷ・に:静岡東部局

高校時代は陸上に打ち込み、実業団チームに就職。
その後、厳しい練習がたたり陸上を続けられなくなり転職。

仕事に没頭するも、姉の出産を機に、女性の心と身体がとても繊細であることを感じ、ピラティスと共に当協会でヨガセラピーを学び始める。

ヨガセラピーに触れるにつれ、親への想いが変容。幼いころから感じていた寂しさが、本当はとても大きな愛だったことに気づき、両親への深い感謝が生まれ、自分自身を大切に感じはじめる。自身の枠を取り払っていくヨガ、触れられなかった想いに触れられる様になるヨガセラピーこそ自身の道と確信し、2013年より両親の想い、両親への想いを込め、自身の名前、「Megumi Yoga」を始動。

おひとりお一人に寄り添うことを大切にした少人数制レッスン、丁寧なカウンセリング、ヨガセラピーが好評。これまでお寺や神社でのヨガ、ホテル、接骨院など、各地でも活躍。

2018年春より、沼津市内のスタジオでもレッスンを開講。
産前産後クラスも口コミで広まり、レッスンにつれて来られた乳幼児も、幼馴染の様に仲良くなって成長していく姿を愛おしんでいる。

静岡東部にて、ヨガセラピスト養成講座をはじめ、陰ヨガ、リストラティブヨガ(共同開発)、マタニティヨガ、ヨギー・ヨギーニのための四季の和食こしらえ人講座を担当。

「料理の加減もヨガセラピーと同じ」マットの上だけがヨガの時間ではなく、日々の過ごし方が全てヨガであるように、ヨガを伝えている。

インタビュー記事はこちら
Read more

理事

松尾鮎子 Ayuko Matsuo

ムードメーカー理事
ジョイントアナトミーヨガ講座開発者

幼少期より踊ることが大好きで、とりわけバレエに傾倒。
体育短舞踊専攻を卒業後、バレエやコンテンポラリーダンスの舞台に立ちながらスポーツクラブでバレエのインストラクターとしても活動するなかでボディコンディショニングの1つとしてヨガに出会う。

出産後、息子の看病のため諸々の活動を休止するも、自身が学んだヨガセラピー、や、協会ダブルあきこ(代表の暁子・ママズボディの亜希子)など、寄り添い支えてくれる人たちとのつながりによって、少しずつ自分を取り戻し、産後のお母さんのためのヨガやパーソナルを中心に活動。

またその時期、(社)E.M.I本橋恵美先生に出会い、スポーツ医科学や機能解剖学を重視したヨガの学びを深めCPYインストラクター、としても活躍。

現在はスポーツクラブ等でのレッスンの他、病院での医療従事者へのトレーニングや大学ラグビーへの帯同、整体サロンでのスタッフへの研修なども行う。

PHIピラティスマットインストラクター、各関節の特性、”モビリティ”重視か、”スタビリティ”重視か、を説くジョイントバイジョイントセオリーをヨガに活かしたジョイントアナトミーヨガ講座開発者・講師。

終わることない、身体とボディワークへの学び。日々模索しながらも、ヨガで繋る全ての事に感謝せずにはいられない毎日を過ごしている。

Read more

丸岡亜紀子 Akiko Maruoka

キラキラオーラ理事 
セルフ整体(ボディメイク)ヨガ講座開発者

上智大学卒業後、外資系金融機関に勤務。後に在住したアメリカロサンゼルスでヨガを堪能し、帰国後、ヨガセラピストになるべく協会講座を受講。

卒業後も解剖学や整体理論などの学びを深め、10年来実践するリフレクソロジー、アーユルヴェーダの知識も活かし、一人ひとりの身体の癖を見つけ、効果的な指導・アドバイスを行い、O脚やX脚などを改善し、本来の美しさを引き出すことに特化したボディメイクヨガというメソッドを開発。

都内各スタジオの人気講師に。
また、全米キッズヨガ’mini yogis’認定講師として子どものヨガクラスも主催。

日本統合医学協会認定メディカルヨガインストラクター。ボディメイクヨガ講座開発者・講師。

インタビュー記事はこちら
Read more

林田ちあき Chiaki Hayashida

エンジョイ理事

幼いころから体が弱かったことから健康・癒し・自然療法・食事療法・自己啓発・心理学・精神世界・スピリチュアルについても興味を持つ。

20~30代は不動産会社・商社・金融関係での勤務経験も積む。その間、都会での忙しく複雑な生活からシンプルな暮らしを求めて1年間オーストラリアへ。ワイルドなテント生活での一周旅行も経験し、人間がおおいなる自然の一部であり自然に生かされている事を感じると共に都会での暮らしのありがたさも実感する。
帰国後は都会に暮らしながらもストレスを減らしシンプルで自然を感じる生き方や、心身の健康について模索し続ける。カイロプラクティック医院にてマッサージを学び、体についての学びと癒しを提供する喜びを知る。

妊娠中にヨガの素晴らしさに出会い、出産後に全米ヨガアライアンス200時間を取得。ヨガを伝え始める。ヨガを学び伝えるうちに心と体の繋がりを実際に見て経験した事から心についても興味を持ち深層心理学を学ぶも、心・体・魂を同時に整えるヨガの素晴らしさを再認識することとなる。

更にヨガの学びを深める為にヨガセラピスト協会のヨガセラピスト養成講座を受講する。

2013年から東京自由が丘にて「然ヨガ」を主宰。「気軽に瞑想会」や「ティーンズヨガ」を開催。スポーツクラブや世田谷区子育てサロンでの産後ヨガ等も担当。他、マタニティヨガやキッズヨガ、親子ヨガ、医学部を目指す予備校でのヨガ、企業ヨガ等様々な場所でヨガを伝えてきた。

現在も食事やヨガ哲学等、心と体についての包括的な学びを続け、姿勢や心を整える自己セラピーとしてのヨガを生活に取り入れることを楽しく伝える為に日々邁進中。

Read more 

各地の講座・養成講座メイン講師

おわだあやこ Ayako Owada

リストラティブヨガ講座共同開発者
@べーすきゃんぷ:東京

ルーシーダットン(タイ式ヨガ)インストラクーを経て、ヨガセラピスト協会にてRYT200修了。

クリシュナマチャリア先生のお孫さんであるカスターブ先生と長い時間を共に過ごし、古代から伝承される叡智を受け継いだ宮原暁子先生から直接ヨガ、ヨーガスートラを学び、一節一節丁寧に伝えられるヨーガスートラを、いかに自身の日常に取り入れていくか、日々実践を繰り返す。その過程は常に先生から温かく見守られており、まさに、人から人へと伝えられるクラシカルなヨガこそが、ヨガセラピスト協会の最大の魅力であると信じている。

都内ヨガスタジオ、スポーツクラブにてインストラクターとして活動しながら、東京都北区十条にて自身のヨガクラスを開講。ルーシーやタイマッサージの経験を生かし経絡やツボを取り入れたヨガをお伝えしている。

齊藤麻美 Mami Saito

シニアヨガ講座開発者

シニアヨガに興味をもったのは自分の親を含め、年齢を重ねる毎に動くこと、外出することが辛くなり、ますます身体の筋力が衰えていくことを見て、いつまでも自分の足で動き続けてほしい、誰の手も借りることなく生活してほしいという願いから。

シニアヨガポーズ介護職員初任者研修(前ヘルパー2級)/IAHC国際ヘルスケア協会認定シニアヨガインストラクター1級などの資格を持ち、デイケアなどの施設に通う要支援方々をも対象にした、安心で安全、体への負担も少なく、長く続けていくことができるシニアヨガを学び始める。

現在、江東区内にてシニアヨガのクラスを受け持ち、「ここにきて体を動かすことが唯一の楽しみ」、「ここに来るまでは膝が痛いのを理由に外出しなかったから、精神的にも暗くなり鬱っぽくなっていたけど、電車に乗って出かけられるようになった」等、定期的に通っている方からのうれしいお声を頂いて日々活動している。

ボディメイクヨガ講座講師、シニアヨガ講座講師。

池田香織 Kaori Ikeda

エンターテナー

月と太陽のヨガ 主宰

幼少期より運動神経が抜群で、器械体操、ダンスにのめり込み、21歳でプロに転身

からだを酷使する練習と週に何本ものレッスン、そして国内外でパフォーマンスやワークショップを経験するなかで何度も故障し、そのセルフケアの一環として取り入れていたヨガの方にだんだんと傾倒していく


家庭では深刻なネグレクトを受けて育ち、大切とは何か、愛とは何か、つながりとは何かに迷い、怒り、苦しみ、悲しみ、大人になるとともに深く深く内観するように…
そして導かれるようにフィジカルからメンタルへ、ヨガからヨガセラピーの道へ…

瞑想を重ね、泣けなかった過去の分まで涙を流し、自身は愛し愛される存在だと気づき、無理ばかりしていた人生が大きく変わる

ヨガセラピスト協会の講座・全米ヨガアライアンス200/ヨガセラピスト養成講座/産後ヨガ/マタニティヨガ /ボディメイクヨガ/ジョイントアナトミー/ヨガスートラ/クラシカルヨーガなど、ほとんど余すことなく修了し、ヨガセラピスト協会の軸でもある「丁寧で、ひとりひとりに寄り添うやさしいヨガ」を深めていく。やがてヨガとはこころの緊張を手離すことだと気づき、「本当のヨガ」の恩恵を多くの方とシェアすべく、レギュラーレッスンや、ワークショップ、イベントの他にボランティアやチャリティーなどにも注力
 
養成講座の講師も担当するほか、ヨガセラピスト協会のhead quarter、yogachachAyuresortのプランナーも務めるなど幅広く活動中
 
ヨガセラピスト協会や近代ヨガの父、クリシュナマチャリア師の実孫でもあるカスターブディシカチャー師の元でゆっくりと瞑想と古典ヨガについて知識と実践を深めてい

三浦香織 Kaori Miura

@べーすきゃんぷ:福島

元自衛官であり、その後銀行勤務を経て、フィッネスインストラクターとして20年以上指導。 シニアからベビーに至り指導をし、自分なりの役目を模索。その間15年は、非常勤として即応予備自衛官としても活動。
東日本大震災では、災害派遣活動に従事。傍、様々なストレスが重なった30代。そんな中でヨガセラピーと出会い、スピリチュアルや瞑想、そして【チャクラの癒し】著者のDr.クリスティンの【体、心、魂】ホリスティックな治療サポーター講座を受講。この3つが私のヨガの基盤となっており、年々それらが繋がり、深みをましている。

2016年AmazonKindleより、【ストレスさえもエネルギーに変わるヨガ】出版。自らの経験を活かし、ストレス対策として、マインドフルネスなヨガを発信。お陰様で、効果も実感いただいています。

ヨガセラピスト養成講座を福島で担当。他、ルーシーダットン、二人ヨガ楽健法からZUMBAやHITTトレーニングなども指導。プライベートでは、愛猫にヨニャ哲学を学ぶ日々を過ごしている。

柴山ひとみ Hitomi Shibayama

 

@べーすきゃんぷ:静岡中部

10代の頃より、自然療法に興味を持ち、2004年、リフレクソロジー資格取得、この頃よりヨガのプラクティスを始める。

2007年より鍼灸院でリフレクソロジストとして活動。
そこで、東洋医学に触れ、自然、身体、心、食との向き合い方が変わり、ライフスタイルが一新される。ヨガセラピスト養成講座を修了後、さらに、陰ヨガ、リストラティブヨガ、アーユルヴェーダ・トリガーポイント療法を学ぶ。ご縁ある方たちに、これまでの学びをお伝えし、さらに巡らせていこうと、セルフマッサージ、季節の養生法を交えヨガを伝えている。

静岡市清水区の禅宗寺院に暮らし、お寺の仕事をしながら、「しなやかな心身」「心地よい暮らし」を探求中。ヨガセラピスト養成講座を静岡で担当。

インタビュー記事はこちら
Read more

服部晏奈 Anna Hattori

@べーすきゃんぷ:名古屋局

9年間ソフトボールをやってきた経験からスポーツや運動について学びたいと思い、大学ではスポーツ科学を専攻。解剖学、生理学、栄養学、東洋医学を学ぶ。卒業後は大手ホットヨガスタジオで名古屋や秋田のスタジオの立ち上げに携わる。他、大阪や岐阜など全国をまわりながら副店長として活躍。

その後ヨガセラピスト協会にてヨガセラピスト養成講座を修了。
現在は名古屋市内のカフェやヨガスタジオでヨガセラピーを主としたレッスンを行うほか、ヨガセラピスト養成講座を名古屋で担当している。

全米ヨガアライアンス200。フィジカルモーションセラピスト。健康管理士一般指導員。

戸谷舞 Mai Toya

@べーすきゃんぷ:埼玉

柔道整復師を目指し勉強していた学生時代にヨガセラピスト協会に出会いヨガの学びを始める。
妊娠出産、そして子育てを通してヨガの癒し効果を改めて感じ、一人でも多くの方に癒しの時間を届けらたらと思っている。

現在はヨガセラピスト養成講座の講師としてお一人お一人と向き合うヨガの素晴らしさ、またヨギーヨギーニのための四季の和食こしらえ人講座の講師として心に染み渡る和食の美味しさを一人でも多くの方に伝えられるよう活動中。

自宅で息子とともにアットホームなヨガレッスンも行なっている。

ヨガセラピスト養成講座、ヨギー・ヨギーニのための四季の和食こしらえ人講座を東京や埼玉の人向けに担当。

インタビュー記事はこちら
Read more

滝本智子 Tomoko Takimoto

自身の子育てを一通り終え、福祉の仕事をしつつ、休日はお家の庭の畑で野菜を育てたり、季節毎に何かを漬け込んだり、もちろん、学んだヨガも楽しみながら過ごす。

主婦であり母だから料理はもちろん、する、けれども、和食講座ではいつも心躍る感動を体験。特に、出汁の豊かな深い味と素材のうまみを引き出す調味料が絶妙!そして、とても丁寧に、素材に向き合って愛おしんでいる調理法。

一つ一つの物、時間を大切に慈しんでいくこと、が感じられ、また、その一つ一つ丁寧に、大切に調理された和食を、自分の中に、感謝しながら取り入れる幸せを改めて堪能。空気や知識と共に、取り入れる食べ物によって、私たちの身体はできている。

自然の恵を豊かな食事にし感謝の念を養い、心身の豊かさへつなげていただきたい、と、静岡東部にてヨギー・ヨギーニのための四季の和食こしらえ人講座講師として活躍。